HOME > 抜毛症(トリコチロマニア)改善blog > アーカイブ > 2022年1月

抜毛症(トリコチロマニア)改善blog 2022年1月

3 友

お釈迦様の教えに「悪友と避けて、善友と付き合いなさい」とあります。
善友をもつことが大切、善友がすべてだとも言われています。
それはいつも身近にいる人の影響を受けるからです。

仏教では社会の中で関わるすべての「人」を「友」と呼んでいます。

人は親子、夫婦、家族、恋人となると無自覚に何か特別な絆を超えた所有物みたいな感覚になってしまう人がいます。
そのような人は

分かっているだろう
分かってくれるだろう
どうして分かってくれないの?
やって欲しい
安心させてくれるだろう…

様々な前提や期待をふくらませて現実のありのままを見ることができずファンタジーの世界で生きてしまっています。
大切な友人には相手の事を思い考え、丁寧な言葉遣いなのに、親子、夫婦、家族、恋人には期待が外れると言葉遣いがぞんざいになってしまいます。
言葉遣いがぞんざいになると相手に対してのやる事なす事もぞんざいになってしまいます。
家族や恋人だから当然甘えもあります。
だから口が悪くなることもあります。
でもそれが的外れだったり度を超えると相手の傷になります。
その傷は消えず、あなたは悪友とされ人は離れていきます。
あなたが与えた影響はあなた自身に帰ってきます。

大切な友人にはしない接し方を自分なりに見つめ直していただけたらと思います。

もし、あなたが大切な家族や恋人から大切にされたいと思うなら、今よりも良い関係を築きたいと思うならあなたから丁寧な接し方を、丁寧な言葉遣いをしてみてはいかがでしょうか?




当協会では「お洒落を楽しみながらみんな幸せに」を理念に、抜毛症改善の活動に取り組み述べ4000名以上のご相談に対応し改善してきました。

ただ単にカット等をしてカバーしてあげるという事だけではございません。
精神内科や心療内科医にも実際に提供している特別なチャートを使ってしっかりとカウンセリングを行い、意識領域と無意識領域の両方の領域に対してアプローチを行い
あくまでも『根本的な改善』を目指しています。

特に抜毛症は改善に向かっている時が重要で、ここで悪化してしまうと精神的に落ち込み自身をなくしてしまうケースが少なくありません。
改善する事だけを目的とするのではなく、改善から再発防止までをゴールとしています。

必要に応じて、独自の物理療法やウィッグ等を変更したりしながら抜毛しているとなかなか楽しむ事の出来ないヘアデザインですが、お洒落を楽しむためにカットデザインで抜毛部をカバーしたりカラーやパーマ等も併用する事で精神的に落ち着き改善に向かう確率は飛躍的に高まります。

大切な事は少しずつでもお洒落を楽しみながら、実際に髪が変化して
自分自身の現実的な変化を感じれる様にして行く事が抜毛衝動に対する抑止効果にも繋がります。

楽しみながら改善から再発防止までのサポートをしていきます。
将来的にはヘアスタイルも色々楽しみ、楽しい豊かな幸せの人生にしてください!

お問い合わせ↓

抜毛症の方専用フォームから
または
MAIL hairhoppe@gmail.com
LINEID hairhoppe


お気軽にご連絡ください。

お問い合わせの方は内容を出来るだけ詳しくお願いします。


一般社団法人日本抜毛症改善協会
認定講師
抜毛症改善カウンセラー
岩井宗範


〒481-0004
愛知県北名古屋市鹿田神明附40-2
hair hoppe
0568-25-0160
MAIL:hairhoppe@gmail.com
LINE ID hairhoppe



 


2 非言語

抜毛症改善、親子関係の改善に口出しをせず見守ってくださいと伝える事があります。
親の役割とはあれダメこれダメあれしなさいコレしなさいと過干渉になって先々口出しをして管理するのではなく、自己責任を尊重して見守り、失敗や成功の経験を沢山させてあげて、またそれを認めて自信に繋げてあげる事だと思います。
その経験が学びとなり、自分を拠りどころに出来る自立した大人になり社会で生活していけるようになると思っています。
今までたくさんアレコレと口出ししてきたお母さんが持っているものは
「自我」です。
もちろん愛する我が子を思うがゆえですが、心配だから言わないと落ち着かない、心配だから知らないと落ち着かない、心配だから思ったり通りにさせないと落ち着かないなど、この大事な私の思いを理解して、お願いだから安心させて!という詰まるところ全て自分が安心したいという問題です。
相手の問題ではないのです。

今までたくさんアレコレと口出ししてきたお母さんに起こる事があります。
「苦」です。
苦しいのです。
今まで散々言ってきたのに言う事を我慢する苦しみ、辛さ。
言っちゃだめなの?
言いたいけど我慢…
ああ、早くやってよー
あっ、それ駄目!
と心の中で耐えていることでしょう。
でも、そんな思いが態度に出てしまいます。
目が怒ってたり、目が合わないように行動を追っていたり、目が笑ってなかったり、暗い諦めた表情になっていたりドンドン歩いてしまったり、物をドンッと置いたりと様々だと思います。
口では言葉にしてなくても非言語の表情、態度などそのパワフルな感情のエネルギー、オーラが出てしまうのです。
言葉で言われてなくても強いエネルギーを感じると自己防衛反応で強いエネルギーで返してしまいますから、そうやって喧嘩に繋がっていきます。

なのでトコトン耐えて頂きます。
「修行」です。
お母さんも言わない、態度に出さない事を体で覚えて頂く必要があります。
そうする事でお子さんが変わっていくのを身をもって体験する事で本当の理解に繋がっていきます。
何を言って何を言わないは個別で変わるのでここでは明言は出来ませんがこれは知っておいてください。
僕がここに書いている事は簡単に消せます。
しかし、あなたの口から出た言葉は消せません。
あなたの記憶から消すことはできても言われた方の記憶には傷として残ることも…

でも、この修行を乗り越えた先にはとても素敵なお母さんでもあり女性にもなれますよ


1 誓願

誓いとはこうなってほしいものを成し遂げようという決心や約束。
行動するという「決意」「覚悟」。

願いとはこうあってほしいと思う心。
実現させたいと思う心。
「願い」「夢」「志」「目標」 。

この2つを合わせて誓願と呼びます。

僕は何かの宗教の信者ではありませんが仏教は実際に生きていたお釈迦様の教えなので仏教の言葉が好きです。
誓願とは普通の願いとは違い覚悟を持ち行動を伴う願いになります。
仏教の言葉は一見何か重苦しく暗く感じる方もいると思いますがよく考えてみると生きていくための智慧が詰まっているなといつも思います。

新年になると今年の目標を決める方もいると思います。
でもその目標がプレッシャーになっていませんか?
辛くないですか?
達成出来そうですか?
メンタルがいっぱいいっぱいなのにさらに目標掲げても嫌な苦しみが生まれると思います。
それで達成できる人はそれでOKだと思います!人それぞれでみんな違ってみんないいです!
でも、いつもこうしよう!と思うものの挫折してしまい前に進まないあなたはブレーキをかけながらアクセルを踏んでませんか?
それは進みません。
同時にやってたら機械でも壊れます。
人の心も身体も同じです。
今のあなたがそうだとしたらハードルを下げてやらない事を決める方があなたの誓願に近づくかもしれません。

仏教は悪しき事をやめ、良き事を為す、そして心を清らかに穏やかにする事とあります。

現代における私達は様々な情報や物に溢れていつでもどこでも沢山の誘惑があります。
とても身近なのがスマートフォンですね。
相談者さんの多くは特に理由もなく気晴らしにネットサーフィンをしているうちにネガティブな感情になったりしています。
インターネットはあなたの見るものの傾向が管理されています。
次々と快楽に繋がるものや不安を煽るようなものに誘われてしまいだらだらとネットサーフィンを続けてしまい無駄な時間を過ごしてしまい大切な時間を奪われてしまっていると思います。
インターネットがあなたの人生を豊かにしてくれるもので必要な情報収集の時間として有効的に使うのであればそれは何も問題がないと思います。
しかし、少しでも前者に当てはまるような事があるならそれを今より少しずつでも良いから時間を短くしたりやめることで新しい時間が作れます。
それだけでも何か気付きを得る事もあると思います。
そしてその時間を良き事に使ってみてはいかがでしょうか?
目標を作ってアクセルを踏もうとせずまずはネットサーフィン以外でもあなたには当てはまる悪しき習慣をやめる事で何か気付きを得るかもしれません。
どうでもよいあまり意味のない事をやらないと決めてみるのも良いと思いますよ!
まずはそこから!
その行動があなたの誓願に繋がっていくと思います。



当協会では「お洒落を楽しみながらみんな幸せに」を理念に、抜毛症改善の活動に取り組み述べ4000名以上のご相談に対応し改善してきました。
ただ単にカット等をしてカバーしてあげるという事だけではございません。
精神内科や心療内科医にも実際に提供している特別なチャートを使ってしっかりとカウンセリングを行い、意識領域と無意識領域の両方の領域に対してアプローチを行い
あくまでも『根本的な改善』を目指しています。
特に抜毛症は改善に向かっている時が重要で、ここで悪化してしまうと精神的に落ち込み自身をなくしてしまうケースが少なくありません。
改善する事だけを目的とするのではなく、改善から再発防止までをゴールとしています。
必要に応じて、独自の物理療法やウィッグ等を変更したりしながら抜毛しているとなかなか楽しむ事の出来ないヘアデザインですが、お洒落を楽しむためにカットデザインで抜毛部をカバーしたりカラーやパーマ等も併用する事で精神的に落ち着き改善に向かう確率は飛躍的に高まります。
大切な事は少しずつでもお洒落を楽しみながら、実際に髪が変化して
自分自身の現実的な変化を感じれる様にして行く事が抜毛衝動に対する抑止効果にも繋がります。
楽しみながら改善から再発防止までのサポートをしていきます。
将来的にはヘアスタイルも色々楽しみ、楽しい豊かな幸せの人生にしてください!

お問い合わせ↓

抜毛症の方専用フォームから
または
MAIL hairhoppe@gmail.com
LINEID hairhoppe

カウンセリングはなしでお洒落を楽しみたい方もお気軽にご連絡ください。

お問い合わせの方は内容を出来るだけ詳しくお願いします。


一般社団法人日本抜毛症改善協会
抜毛症改善カウンセラー
岩井宗範


〒481-0004
愛知県北名古屋市鹿田神明附40-2
hair hoppe
0568-25-0160
MAIL:hairhoppe@gmail.com
LINE ID hairhoppe
 


1

« 2021年7月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ