HOME > 抜毛症(トリコチロマニア)改善blog > 手を使ったあらゆるクセを抑止するkeen

抜毛症(トリコチロマニア)改善blog

< 手グセストッパーR 誕生秘  |  一覧へ戻る  |  意外と多い2世代に渡る抜毛 >

手を使ったあらゆるクセを抑止するkeen





keenって何?



そもそもご存じない方はkeenって何?ですよね?
近い将来日本でも広く知られるようになる不思議なブレスレット



keenと言うのは、アメリカセントルイスで開発された抜毛症に関わらず爪かみ、指しゃぶり、皮膚のひっかき等指を使ったクセを抑止するAI搭載のバイブレーションマシーンです。



もともとは開発会社の代表のひとりアニーラが自らの眉毛を抜くクセを抑止したい!と言うところからはじまりました。
仲良しのご主人サメアさんが協力する形でご夫婦で起業した会社です。




How HabitAware Happened

Hi! I'm Aneela & I've been pulling the hair from my eyebrows & eyelashes for the past 20+ years. For most of that time, I thought I was alone. I hid my hair pulling disorder from family and friends with makeup and fake smiles.

A few years ago, I shared this secret with my husband, Sameer. Together we set out to make a smart bracelet to help me become aware of my trichotillomania.





※英語でやりとりするので、対応しているのはすべて協会副理事長の福岡がメールやスカイプを使って交渉から打ち合わせまで行っています。



●いつもクセで手が行ってしまう場所を詳細に記憶し、無意識に手が行ってしまってもバイブレーションでお知らせしてくれます。バイブレーションによってクセの行為を意識させて抑止してくれます。



更に学習しながら進化します。設定した場所以外では振動しません。簡単にスマートフォンで設定できます。しかも作動した際にボタンを軽く押すだけで、いつ、どのタイミングで手が動いているのか?全てを記録してスマートフォンで確認する事が出来ます。



このブレスレットの目的は無意識に手が動いてしまう状態をバイブレーションによって意識領域へ戻してくれます。このkeenは小さなお子さんから大人まであらゆる年代に対応しています。



keenは抜毛症改善プログラムには欠かせないアイテムの一つです。
無意識領域から意識領域へもどしてくれる数少ない抑止効果のあるブレスレットです。



ハッと!気づいて我に返る!そんなアイテムです。



既にお使いの方は、しっかりと充電して毎日付けてください。

ご検討中の方は下記からご覧ください。



アメリカ本社の公式サイトの一番良い場所である注文へすすむ画面に

あなたはオーストラリアまたは日本に住んでいますか?

私たちのパートナーからkeenをすぐに手に入れることが出来ますよ!と告知してくれています。



※当社は米国ハビットウェアー社と世界でたった2社だけの正式なライセンス契約を結んでおります。

https://habitaware.com/collections/keen/products/stylish

実際に見たい方はこちらからご覧ください。




一般社団法人日本抜毛症改善協会は精神科医や心療内科医の方のほとんどが所属している日本精神神経学会に所属しております。





当協会では「お洒落を楽しみながらみんな幸せに」を理念に、約20年前から抜毛症改善の活動に取り組み述べ1600名以上のご相談に対応し改善してきました。





私達は美容院ですが、ただ単にカット等をしてカバーしてあげるという事だけではございません。

精神内科や心療内科医にも実際に提供している特別なチャートを使ってしっかりとカウンセリングを行い、意識領域と無意識領域の両方の領域に対してアプローチを行い

あくまでも『根本的な改善』を目指しています。



特に抜毛症は改善に向かっている時が重要で、ここで悪化してしまうと精神的に落ち込み自身をなくしてしまうケースが少なくありません。

改善する事だけを目的とするのではなく、改善から再発防止までをゴールとしています。



必要に応じて、独自の物理療法やウィッグ等を変更したりしながら抜毛しているとなかなか楽しむ事の出来ないヘアデザインですが、お洒落を楽しむためにカットデザインで抜毛部をカバーしたりカラーやパーマ等も併用する事で精神的に落ち着き改善に向かう確率は飛躍的に高まります。





大切な事は少しずつでもお洒落を楽しみながら、実際に髪が変化して

自分自身の現実的な変化を感じれる様にして行く事が抜毛衝動に対する抑止効果にも繋がります。

そして、それは延べ人数にして1600名以上の抜毛症で来店している方々が証明しています。





楽しみながら改善から再発防止までのサポートをしていきます。

将来的にはヘアスタイルも色々楽しみ、楽しい豊かな幸せの人生にしてください!





抜毛症改善プログラムのお申し込み・お問い合わせはトップページの専用フォームからお願いします。





一般社団法人日本抜毛症改善協会

名古屋支部 hoppe

抜毛症改善カウンセラー

岩井宗範



< 手グセストッパーR 誕生秘  |  一覧へ戻る  |  意外と多い2世代に渡る抜毛 >

このページのトップへ