HOME > 抜毛症(トリコチロマニア)改善blog > 抜毛症(トリコチロマチア)に

抜毛症(トリコチロマニア)改善blog

< 予想以上に多い男性の抜毛症  |  一覧へ戻る  |  抜毛症と自傷行為、強迫性障害との関連や医学的見解の間違い。 >

抜毛症(トリコチロマチア)に

協会で発症の最も多い年齢層を調査したところ、来店される年代は下は4歳~上は60代までとあらゆる年齢層の方が来られますが、チャートを作成する際のヒヤリングでは小学4年生前後がもっと多いです。

「三つ子(三歳)の魂100歳まで」という昔ながらの表現がございますが、3歳頃には性格が比較的明確になり、小学4年生前後では個性やものの考え方といった人格が形成されてきます。

しかもこの時期に勉強もだんだん難しくなり受験や習い事と言った環境の変化が大きくなってきます。ゆえに抜毛症の発症が表面化する瞬間の事をトリガー(引き金)と呼んでいますが、この時期が最も重要な鍵を握っている時期だと協会では考えております。

三歳頃からこの時期までの生長プロセスにおいてどのような環境下で過ごしたのか?
特にお母様との関係生はどうだったのか?
食育はちゃんと出来ていたのか?

この影響が最も表面化するのがこの時期なのです!

しかしながら、逆も真なりでこの時期にどのように導いてあげるかによってはめざましい成長を遂げる事も出来ます。
心のこもった食事と感情ではなく子供の事を尊重した接し方をする事によって穏やかな人格形成や学力も向上するとされています。


協会が蓄積してきた1,600以上に及ぶカウンセリングプログラムの事例や統計からも明確に
現れております。

一般社団法人日本抜毛症改善協会
名古屋支部
抜毛症改善カウンセラー
岩井宗範


< 予想以上に多い男性の抜毛症  |  一覧へ戻る  |  抜毛症と自傷行為、強迫性障害との関連や医学的見解の間違い。 >

このページのトップへ