HOME > 抜毛症(トリコチロマニア)改善blog > ママは悪くないよ!そして誰も悪くない!

抜毛症(トリコチロマニア)改善blog

< 抜毛症と自傷行為、強迫性障害との関連や医学的見解の間違い。  |  一覧へ戻る  |  我慢コップ >

ママは悪くないよ!そして誰も悪くない!

巷では親子関係の問題等でよくトピックとして挙がってくるのが、毒親とか酷いネーミングをつけた書き込みを見かけることがよくあります。

確かに親にしても子供にしても極々まれにとんでもない方が存在することはわかっています。
でもそれはママだから、パパだからとか〇〇だからに限ったことではありません。

親が子を思う気持ちに偽りはありません。

親子関係がギクシャクしているケースで多く見られるのはちょっとしたボタンの掛け違い、時間軸の違いから生じているのです。

なんらかのメンタルが起因する症状を発症した子供たちは、ママが大好きなくせに
ママを罵倒し、責める場合がよくあります。
これはただの責任転嫁、甘え,八つ当たりです。

けれども時としてママは自分のせいだと自分自身を責め子供の今の状態は自分が悪いからだと落ち込むケースが非常に多いです。
この自己否定、自己嫌悪の状態になっていしまうとなかなか抜け出せなくなります。

でもね、『ママは悪くないんです。』

抜毛症であれば自分が髪を抜かなければ良いだけの事。抜かなければ治ります。自分が弱いだけなんです。
不登校や引きこもりだってそう。。。
責任という名の矢印を自分自身ではなく親や他人、学校や社会に向けます。
ただの弱虫。
勇気が足りないだけです。
逃げているだけ。。

しかしながら、
『実は本人も悪くないんです。』

ほんの一部の悪意でこれらの行動を行っている方を除いては別に悪いわけではないんです。
それが個性であり性格だがら仕方ないんです。

一般常識ではしっかり勉強して、なるべくレベルの高い学校に進学を経て、一部上場企業もしくは官公庁や公務員になって、そこで出来るだけ立派な伴侶をみつけて幸せな結婚をする。
と言う流れが常識だと思います。

こう言った常識に基づいた概念で考えると常識から外れた事をしている。
と判断されてしまいますが、実はちょっと視点を変えてみると見え方が変わります。

抜毛症やメンタル的な問題を起してしまうその背景にはちゃんと犯人?が存在しているんです。
その存在とは、ほんの些細なストレスの積み重ねだったりします。
塵も積もれば山となる。。。そんなささやかなストレスも積もると我慢の域を超えます。

その結果、周りから見れば抜毛症やうつ、不登校、引きこもりのような非常にネガティブな行動に至るわけなのですが、この状況や環境から自分を守るために、
いわゆる自己防衛の為にそれらの行動を起こすことで何とか持ちこたえているのです。
だから、悪いというよりは本人は必死に戦っているのです。

ただ、その状況から抜け出す方法が分からないだけ。

自分にとっての正しい選択や納得のいく方向を探し続けているのです。

もしかしたらこれは、能が引き起こしている危機回避の為の自動防衛プログラムなのかもしれません。

抜毛症やメンタルな症状ってほんと複雑でややこしいですね。
次回はフォーカスを絞ったテーマで書きたいと思います。

が、最近時間があまりございません。。。睡眠時間がどんどん短くなり
もはやナポレオン三世に近づいております。

けれどもアナタの応援によってはそれをエネルギーに変えて頑張れると思いますので
暖かいコメントなど一言添えて頂けると小躍りして脳が活性化し、書き続けられるかもしれません。。。(笑笑)


当協会では「お洒落を楽しみながらみんな幸せに」を理念に、約20年前から抜毛症改善の活動に取り組み述べ1600名以上のご相談に対応し改善してきました。


私達は美容院ですが、ただ単にカット等をしてカバーしてあげるという事だけではございません。
精神内科や心療内科医にも実際に提供している特別なチャートを使ってしっかりとカウンセリングを行い、意識領域と無意識領域の両方の領域に対してアプローチを行い
あくまでも『根本的な改善』を目指しています。

特に抜毛症は改善に向かっている時が重要で、ここで悪化してしまうと精神的に落ち込み自身をなくしてしまうケースが少なくありません。
改善する事だけを目的とするのではなく、改善から再発防止までをゴールとしています。

必要に応じて、独自の物理療法やウィッグ等を変更したりしながら抜毛しているとなかなか楽しむ事の出来ないヘアデザインですが、お洒落を楽しむためにカットデザインで抜毛部をカバーしたりカラーやパーマ等も併用する事で精神的に落ち着き改善に向かう確率は飛躍的に高まります。


大切な事は少しずつでもお洒落を楽しみながら、実際に髪が変化して
自分自身の現実的な変化を感じれる様にして行く事が抜毛衝動に対する抑止効果にも繋がります。
そして、それは延べ人数にして1600名以上の抜毛症で来店している方々が証明しています。


楽しみながら改善から再発防止までのサポートをしていきます。
将来的にはヘアスタイルも色々楽しみ、楽しい豊かな幸せの人生にしてください!


お問い合わせは抜毛症の方専用のお問い合わせフォームからお問い合わせください。


スマホサイトで見ている方はお問い合わせフォームが表示しないためパソコンサイトに切り替えてからご覧ください。


一般社団法人日本抜毛症改善協会
名古屋支部 抜毛症改善カウンセラー
岩井宗範



< 抜毛症と自傷行為、強迫性障害との関連や医学的見解の間違い。  |  一覧へ戻る  |  我慢コップ >

このページのトップへ