HOME > 抜毛症改善blog > どうしてこの仕事(抜毛症改

抜毛症改善blog

< 抜毛症のかたの恋愛と結婚  |  一覧へ戻る  |  続編② どうしてこの仕事(抜 >

どうしてこの仕事(抜毛症改

どうしてこの仕事(抜毛症改善カウンセラー)をやっているんですか?

カウンセリングを受けに来たほんとんどの方に聞かれます。

それは自分が軽度ですが抜毛症経験者だった(キャリア20年ほど)からです。
抜いてしまう原因、要素は人それぞれ違いますが触ってしまう、抜いてしまう気持ち、なんだか分からないけど手が勝手に頭にいきますよね〜
なんだか分からないけど髪の毛触っちゃいますよね〜
落ち着きますよね〜
その落ち着く気持ちとてもよく分かります。


僕は普段の仕事に対してもこのような思いで向き合っています。

「あなたのおもいに向き合い、カタチにして、大切なことを伝える時間を大切にしています。
年齢を重ねるごとに、髪や頭皮に抱える悩みは変わっていきます。
鏡を見るたびにため息…そんな毎日は辛いです。
髪がいい感じだと、何だかちょっと、一日ハッピーだったりします。
家事、育児、仕事…どんな大人女性も毎日忙しくて大変。
そんな大人女性の毎日に小さなハッピーを。
hoppeはそんなお店でありたいと考えています。」

抜毛症で苦しむ方は大人だけでなく子供もいます。女性だけでなく男性もいます。
老若男女問わずやっぱり髪がいい感じだと何だかハッピーだったりします。
協会理念も「お洒落を楽しみながらみんな幸せに」です。
そんなハッピーをお届けしたくてあなたに寄り添い、優しく、あなたなら改善出来る!再発防止のゴールまで出来て克服出来る!と心から祈り愛を持って(愛があるので時には厳しく!!笑)カウンセリングしています。

さて、自分はどんな感じだったと言いますと、記憶が曖昧ですが確か5歳くらいから前兆がありました。
いつも前髪を触ってその日の髪の毛のコンディションを幼いながらにもとても敏感に感じとっていました。
今日は少し硬くてザラっとするな、今日は滑らかでと〜っても気持ちがいいな!とか…笑
いつも触って気持ちを落ち着かせていました。
今は綺麗好き(軽い潔癖症?と突っ込まれる事もたまにあります。笑)になってしまいましたが爪と皮も噛んでいました。
今思うとゾッとします。汚いな…衛生的に本当に良くなかったと思います。
全ての指先にイボがあって見苦しく汚い指でした。
そんな自分に付き合ってくれていた優しい友人達には感謝です。

小学生に上がり大きくなるにつれて髪の触り方が進化して体操種目の床や跳馬みたいに捻転捻転さらに捻転捻転のウルトラCを繰り返して絡ませていました。
ウルトラCをやっている時にプチッ、物凄く絡まって解くときにプチッと抜けていましたが自分では全く気にしていませんでした。
しかし、4年生か5年生の時か記憶が曖昧ですが大惨事というか大事故が起きてしまいました。

なんと!!前髪中央生え際の2cm角くらいがごっそり抜けてしまったんです。

さすがにコレはどうしよう???となりました。

まず、親に怒られるな、恐怖でしたね。
親にはみっともないからいじるな触るなといつも怒られるように言われていました。
当然自分でもどうして髪の毛をいじってしまうのかなんて理解していませんでした。
なんだか落ち着くし、髪の感触も気持ち良いしくらいです。
今となってはあれはストレスだったんだなと、ストレス発散だったんだなと理解はしていますが子供では何がなんだか分かりませんよね。

長いので続く(お楽しみに)




一般社団法人日本抜毛症改善協会は精神科医や心療内科医の方のほとんどが所属している日本精神神経学会に所属しております。

当協会では「お洒落を楽しみながらみんな幸せに」を理念に抜毛症改善の活動に取り組み述べ1700名以上のご相談に対応し改善してきました。

私達は美容院ですが、ただ単にカット等をしてカバーしてあげるという事だけではございません。
精神内科や心療内科医にも実際に提供している特別なチャートを使ってしっかりとカウンセリングを行い、意識領域と無意識領域の両方の領域に対してアプローチを行い
あくまでも『根本的な改善』を目指しています。

特に抜毛症は改善に向かっている時が重要で、ここで悪化してしまうと精神的に落ち込み自身をなくしてしまうケースが少なくありません。
改善する事だけを目的とするのではなく、改善から再発防止までをゴールとしています。

必要に応じて、独自の物理療法やウィッグ等を変更したりしながら抜毛しているとなかなか楽しむ事の出来ないヘアデザインですが、お洒落を楽しむためにカットデザインで抜毛部をカバーしたりカラーやパーマ等も併用する事で精神的に落ち着き改善に向かう確率は飛躍的に高まります。

大切な事は少しずつでもお洒落を楽しみながら、実際に髪が変化して
自分自身の現実的な変化を感じれる様にして行く事が抜毛衝動に対する抑止効果にも繋がります。
そして、それは延べ人数にして1700名以上の抜毛症で来店している方々が証明しています。

楽しみながら改善から再発防止までのサポートをしていきます。
将来的にはヘアスタイルも色々楽しみ、楽しい豊かな幸せの人生にしてください!

愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県、滋賀県、福井県、石川県、富山県にお住まいの抜毛症で悩みお困りの方、1人で悩まずにお問い合わせください。

また当協会は名古屋の他、本部神戸、東京支部、千葉支部、大阪支部があります。
現在は本部を除いて全国5都市(東京、千葉、名古屋、大阪)でカウンセリングを受ける事が出来ます。
他支部でのお問い合わせをこちらでも受け付けておりますのでお問い合わせください。
希望支部よりお返事させて頂きます。

抜毛症改善プログラムのお申し込みは専用フォームより。
お問い合わせは専用フォーム、メールhairhoppe@gmail.comからも受け付けて

お問い合わせの方は内容を出来るだけ詳しくお願いします。

また、お申し込みでご希望の日時がない場合もお問い合わせください。

一般社団法人日本抜毛症改善協会
名古屋支部 hoppe
抜毛症改善カウンセラー
岩井宗範






< 抜毛症のかたの恋愛と結婚  |  一覧へ戻る  |  続編② どうしてこの仕事(抜 >

このページのトップへ