HOME > 抜毛症改善blog > 続編④ どうしてこの仕事(抜

抜毛症改善blog

< 続編③ どうしてこの仕事(抜  |  一覧へ戻る  |  長いんです >

続編④ どうしてこの仕事(抜

今から3、4年程前の春に取り引き先メーカーさんの主催で日本一のマーケティングコンサルタントと言われるS先生のセミナーに参加してその時の悩みを話しました。
先生から返ってきた言葉があなた集客に困ってないでしょ、H先生の本を読んだりDVDを見なさいとアドバイスを頂きました。

集客に困ってないでしょと言われたのは今よりも集客が出来るならそれに越した事は無いけど、今の自分はそれを求めていなかったというのを見抜いていたんだな、とても的確なアドバイスだったんだなと後になって気付かされました。

H先生とはこれまた日本一の臨床心理士です。

心のケアが今よりももっと認知度が低い20〜30年前から活躍されていて特に福祉関係、阪神大震災、東日本大震災での心のケアでは大活躍された先生です。

その先生の本を読み、DVDを見て自分がどういう人格かなどを知って衝撃だったのと同時にとても笑えて気持ちが軽くなりました。

知識として理解をしたのです。

心のケアってこんなに気持ちが軽くなるんだ、人を前向きに明るく笑顔に幸せにしてくれるんだと知りました。

似たような仕事をしていた妻にあれこれといろんな事を聞くと、面白いようすぐに答えが返ってくるので楽しくなってしまいました。



自分がこんなに楽しめるなら、美容師を活かして心のケアの仕事が出来たら理想!!と思いました。



そしてその年の夏にカットが大好きな僕はもっと良い技術があれば習得したいと思いネットで検索していたら当協会の理事長のとても艶のあるクリニックカットと抜毛症改善ブログに目が止まりました。



抜毛症改善のブログを読んで初めて自分が抜毛症だったんだと知りました。

それまでは抜毛症という言葉を知らなかったのです。

これもまた衝撃と同時になんだかまた気持ちが軽くなりました。

これって自分が経験者だから、気持ちが分かるから、悩み苦しんでいる方のお助けを出来るんじゃないかな、やってみたいなと思いました。



カット講習は受講生を募集していたのでお近づきになれるなと思いすぐに受講する事にしました。

クリニックカットも習得して抜毛症改善の事も知識を得る事が出来たらあらゆるケースでお困りの方の改善が出来るならと臨んだのに、どうして受講しようと思ったのと聞かれてカットの事しか答えれず…

しかし、理事長は初めて会った時からどうして受講したのか見破っていたかもです。笑



その後、抜毛症改善カウンセラーの募集を知りすぐに手を上げ、千里眼を持つ理事長の面接を通過して勉強が出来る事になりました。



妻に今度抜毛症改善のカウンセリングを勉強する事にしたんだ、抜毛症って知ってる?と聞いたら、

知ってるよ、ストレスで髪の毛抜いちゃうのだよねー。

知ってました…笑



そして名古屋から神戸に何度も通い理事長のカウンセリングを何人も見させて頂き、学ぶと同時にいつも自分に照らし合せていました。



分析の全てが的確、自分もそうだったなと子供の時にこれを知っていたら変わっていたなと思いました。



自分が経験しているからこそ理解が出来て寄り添って改善のサポートが出来ると確信しました。



だからこれを読んでいるあなたが抜毛症で悩み苦しんでいるならきっと改善出来ます。



どうにかしたいと思ってこれを読んでいるんだから!

今人生で1番抜毛症を卒業したいと思ってるんだから!

抜毛症を卒業したい気持ちに1番パワーを注いでみてください。



ストーリーが長かったですがこれからはまた経験から得た知識、あらゆるケース、などをまた書いていこうと思っています。



ブログ用

一般社団法人日本抜毛症改善協会は精神科医や心療内科医の方のほとんどが所属している日本精神神経学会に所属しております。



当協会では「お洒落を楽しみながらみんな幸せに」を理念に、約20年前から抜毛症改善の活動に取り組み述べ1700名以上のご相談に対応し改善してきました。



私達は美容院ですが、ただ単にカット等をしてカバーしてあげるという事だけではございません。

精神内科や心療内科医にも実際に提供している特別なチャートを使ってしっかりとカウンセリングを行い、意識領域と無意識領域の両方の領域に対してアプローチを行い

あくまでも『根本的な改善』を目指しています。



特に抜毛症は改善に向かっている時が重要で、ここで悪化してしまうと精神的に落ち込み自身をなくしてしまうケースが少なくありません。

改善する事だけを目的とするのではなく、改善から再発防止までをゴールとしています。



必要に応じて、独自の物理療法やウィッグ等を変更したりしながら抜毛しているとなかなか楽しむ事の出来ないヘアデザインですが、お洒落を楽しむためにカットデザインで抜毛部をカバーしたりカラーやパーマ等も併用する事で精神的に落ち着き改善に向かう確率は飛躍的に高まります。



大切な事は少しずつでもお洒落を楽しみながら、実際に髪が変化して

自分自身の現実的な変化を感じれる様にして行く事が抜毛衝動に対する抑止効果にも繋がります。

そして、それは延べ人数にして1700名以上の抜毛症で来店している方々が証明しています。



楽しみながら改善から再発防止までのサポートをしていきます。

将来的にはヘアスタイルも色々楽しみ、楽しい豊かな幸せの人生にしてください!



愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県、滋賀県、福井県、石川県、富山県にお住まいの抜毛症で悩みお困りの方、1人で悩まずhoppeにお気軽にお問い合わせください。



また当協会は名古屋の他、本部神戸、東京支部、千葉支部、大阪支部があります。

現在は本部を除いて全国5都市(東京、千葉、名古屋、大阪)でカウンセリングを受ける事が出来ます。

他支部でのお問い合わせをこちらでも受け付けておりますのでお問い合わせください。

希望支部よりお返事させて頂きます。



抜毛症改善プログラムのお申し込みは専用フォームより。

お問い合わせは専用フォーム、メール(hairhoppe@gmail.com)、からも受け付けております。



お問い合わせの方は内容を出来るだけ詳しくお願いします。



また、お申し込みでご希望の日時がない場合もお問い合わせください。



一般社団法人日本抜毛症改善協会

名古屋支部 hoppe

抜毛症改善カウンセラー

岩井宗範



< 続編③ どうしてこの仕事(抜  |  一覧へ戻る  |  長いんです >

このページのトップへ