HOME > 抜毛症(トリコチロマニア)改善blog > 2 非言語

抜毛症(トリコチロマニア)改善blog

< 1 誓願  |  一覧へ戻る  |  3 友 >

2 非言語

抜毛症改善、親子関係の改善に口出しをせず見守ってくださいと伝える事があります。
親の役割とはあれダメこれダメあれしなさいコレしなさいと過干渉になって先々口出しをして管理するのではなく、自己責任を尊重して見守り、失敗や成功の経験を沢山させてあげて、またそれを認めて自信に繋げてあげる事だと思います。
その経験が学びとなり、自分を拠りどころに出来る自立した大人になり社会で生活していけるようになると思っています。
今までたくさんアレコレと口出ししてきたお母さんが持っているものは
「自我」です。
もちろん愛する我が子を思うがゆえですが、心配だから言わないと落ち着かない、心配だから知らないと落ち着かない、心配だから思ったり通りにさせないと落ち着かないなど、この大事な私の思いを理解して、お願いだから安心させて!という詰まるところ全て自分が安心したいという問題です。
相手の問題ではないのです。

今までたくさんアレコレと口出ししてきたお母さんに起こる事があります。
「苦」です。
苦しいのです。
今まで散々言ってきたのに言う事を我慢する苦しみ、辛さ。
言っちゃだめなの?
言いたいけど我慢…
ああ、早くやってよー
あっ、それ駄目!
と心の中で耐えていることでしょう。
でも、そんな思いが態度に出てしまいます。
目が怒ってたり、目が合わないように行動を追っていたり、目が笑ってなかったり、暗い諦めた表情になっていたりドンドン歩いてしまったり、物をドンッと置いたりと様々だと思います。
口では言葉にしてなくても非言語の表情、態度などそのパワフルな感情のエネルギー、オーラが出てしまうのです。
言葉で言われてなくても強いエネルギーを感じると自己防衛反応で強いエネルギーで返してしまいますから、そうやって喧嘩に繋がっていきます。

なのでトコトン耐えて頂きます。
「修行」です。
お母さんも言わない、態度に出さない事を体で覚えて頂く必要があります。
そうする事でお子さんが変わっていくのを身をもって体験する事で本当の理解に繋がっていきます。
何を言って何を言わないは個別で変わるのでここでは明言は出来ませんがこれは知っておいてください。
僕がここに書いている事は簡単に消せます。
しかし、あなたの口から出た言葉は消せません。
あなたの記憶から消すことはできても言われた方の記憶には傷として残ることも…

でも、この修行を乗り越えた先にはとても素敵なお母さんでもあり女性にもなれますよ


< 1 誓願  |  一覧へ戻る  |  3 友 >

このページのトップへ